村山輝星(きらり)の父親が亡くなった原因は病気!遺言の内容とは? | TWINKLE BLOG

村山輝星(きらり)の父親が亡くなった原因は病気!遺言の内容とは?

エンタメ
スポンサーリンク

2022年8月27日(土)・28日(日)に放送される24時間テレビに、村山輝星(きらり)ちゃんが出演します。

24時間テレビ内で村山輝星ちゃんが挑戦するのは、51キロのトライアスロン!

トライアスロンに挑戦しようと思ったのは、村山輝星ちゃんの父親が関係しています。

残念ながら父親は亡くなっていて、村山輝星ちゃんに遺言を残したとか。

そうなると、父親が亡くなった原因や村山輝星ちゃんに残した遺言の内容が気になりませんか?

そこで今回は「村山輝星(きらり)の父親が亡くなった原因は病気!遺言の内容とは?」と題して、村山輝星ちゃんの父親について調査したいと思います。

スポンサーリンク

村山輝星(きらり)の父親が亡くなった原因は病気!

村山輝星(きらり)ちゃんの父親が亡くなった原因は病気です。

何の病気なのかは公表されていないのでわかっていませんが、村山輝星ちゃんが2歳の時に35歳という若さで亡くなっています。

村山輝星ちゃんの父親は村山浩一さんという名前で、元トライアスロンの選手でした。

調査すると2012年4月に出場予定になっていたトライアスロンの大会がありましたが、結果はDNS(Do Not Start)となっていて、スタートできないと記録されていました。

ちょうど村山輝星ちゃんが2歳の頃が2012年頃なので、病気になってしまい、その大会がDNSとなったのかもしれません。

村山輝星の父親の遺言の内容とは?

村山輝星ちゃんの父親の遺言の内容とは、村山輝星ちゃんが小学生になったらトライアスロンをやらせてほしいというものでした。

それを、父親は村山輝星ちゃんの母親に遺言として言っていたそうです。

なぜ、父親が小学生になったらトライアスロンをやらせようとしたのか、その理由を村山輝星ちゃん自身が確かめる為に、今回の24時間テレビで51キロのトライアスロンに挑戦します。

村山輝星ちゃん家族にしかわからない遺言内容なだけに、視聴者である私たちは輝星ちゃんが自ら答えを出せるよう見守ることしかできませんね!

トライアスロン競技の中でも村山輝星ちゃんが一番苦手としている水泳は1キロの予定だったのに、1.5キロに変更して挑戦するようです。

父親からの遺言の答えを見つけられるよう、是非頑張って欲しいですね!!

 

ちなみに、村山輝星ちゃんは小学生に入ってから、年に1回はトライアスロンの大会に出場しています。

しかし、小柄のせいなのか成績はあまり良くなく、輝星ちゃん自身苦手意識があるようです。

だからこそ、今回の24時間テレビでの挑戦は応援したくなりますね!!

まとめ

今回は「村山輝星(きらり)の父親が亡くなった原因は病気!遺言の内容とは?」と題して、村山輝星ちゃんの父親について調査しました。

村山輝星ちゃんの父親が亡くなった原因は病気であることはわかりましたが、何の病気だったかはわかっていません。

しかし、2012年のトライアスロンの大会で「DNS」と記録があることから、急に病気になってしまったのではと推測しました。

村山輝星ちゃんの父親の遺言は、輝星ちゃんが小学生になったらトライアスロンをやらせて欲しいという内容でした。

なぜ、このような遺言を残したのか、村山輝星ちゃん自身が答えを見つけられるよう、見守って応援しましょう!!

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました