白井球審の年収はどのくらい?娘や妻など家族構成やプロフールなど! | TWINKLE BLOG

白井球審の年収はどのくらい?娘や妻など家族構成やプロフールなど!

スポーツ
スポンサーリンク

2022年4月24日(日)のロッテとオリックスの試合で、白井球審が佐々木朗希選手へ詰め寄る場面がありました。

審判という立場なだけに、もっと冷静になって欲しかったという声も多く、NPB(日本野球機構)に抗議したというツイートもありました。

そんな今話題になっている白井球審とはどのような人物なのでしょうか?

今回は「白井球審の年収はどのくらい?娘や妻など家族構成やプロフールなど!」と題して、白井球審の年収や家族構成について調査したいと思います。

スポンサーリンク

白井球審の年収は?

白井球審の年収は公表されていないため、正式な金額はわかりませんが、

1,500~2,000万円ほど

だと予想しました。

 

審判員の給料体制は基本年収と試合出場手当の報酬で決まり、1軍の審判員であれば年収平均は1,000万円ほど2軍の審判員は平均400万円前後となります。

また、優秀な評価や経歴に応じて表彰する仕組みもあり、日本シリーズに出場するなどのトップクラスになると年収2,000万円ほどにもなります。

そのうえで、白井球審の年収を予想すると、過去の実績として

・オールスター出場2回

・日本シリーズ出場4回

・ウエスタン・リーグ優秀審判員

・審判員奨励賞2回

となり、トップクラスの審判員となります。

そのため、1,500~2,000万円ほどの年収はあるのではないかと予想しました。

白井球審の妻や娘など家族構成は?

白井球審の妻についてはあまり情報はありませんでしたが、娘については難病であるといった情報があります。

白井球審のストライクコールが甲高いということは有名な話ですが、その理由として「病床に伏している難病の娘にテレビ中継で自分の声が届くように」や「難病で亡くなった天国の娘に自分の声が届くように」という噂があります。

しかし、実際にその噂は都市伝説化されており、噂の娘も、もう一人の子供である息子も元気だと本人が証言しました。

その為、娘が難病で…という話はガセネタでした。

実際に病気で治ったのか、もともと病気でも何でもなかったのかはわかりませんが、現在は元気ということで良かったです(^^)

 

そして、白井球審の家族構成としては、妻と娘、息子の4人家族となります。

白井球審のプロフィール

白井球審にプロフィールを簡単にご紹介します。

【白井 一行(しらい かずゆき)】

生年月日:1977年10月3日(44歳)
出身地:兵庫県明石市
血液型:176cm
身長:O型

白井球審は、兵庫県立明石高等学校を卒業後、甲賀総合科学専門学校に入学、卒業し、1997年2月1日にパシフィック・リーグ審判部に入局しました。

白井球審は「審判の中で最も声が大きい」との理由で2018年に「審判員奨励賞」に選出されたことがあります。

まとめ

今回は「白井球審の年収はどのくらい?娘や妻など家族構成やプロフールなど!」と題して、白井球審について調査しました。

白井球審の年収は1,500~2,000万円ほどであると予想しました。

また、白井球審の妻に関してはあまり情報がありませんでしたが、娘については都市伝説化している噂がありました。

しかし、娘が難病であるというのはガセネタで、白井球審本人が娘は元気であることを公表していました。

 

トップクラスの審判員であるのにも関わらず、今回冷静な判断が出来ていなかったと言われている白井球審。

今後、白井球審がどうなるか注目していきたいですね!

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました