えとう窓口の貧乏生活がやばかった!家族構成も徹底調査! | TWINKLE BLOG

えとう窓口の貧乏生活がやばかった!家族構成も徹底調査!

エンタメ
スポンサーリンク

2022年2月20日(日)に放送されるテレビ朝日の『劇的ビフォーアフター』で、お笑い芸人であるWエンジンのえとう窓口さんが番組内3度目のリフォームをします。

現在の家族と一緒に大分にUターン移動し、20年間空き家だった築60年の家を大胆リフォームするようですが、なぜ大分なの?と疑問に思いますよね!

えとう窓口さんの実家は大分にあり、以前のビフォーアフターでも実家のリフォームをしていましたが、とても裕福な家庭とは言えない家でした。

実は貧乏生活をしていたという噂のえとう窓口さん。

最近えとう窓口さんをテレビで見ることはほとんどなく、どんな生活をしているのか気になりますよね。

昔ほどではないにしても貧乏生活に変わりはないのでしょうか?

そして、その生活を支えている妻や子供についても気になりますよね!

そこで今回は「えとう窓口の貧乏生活がやばかった!家族構成も徹底調査!」と題して、えとう窓口さんについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

えとう窓口の貧乏生活がやばい?

えとう窓口さんの貧乏生活は、現在も続いているというよりは、昔の話限定のようです。

えとう窓口さんが17歳の時に、自営業をしていた父親が46歳という若さで亡くなられているようです。

その父親が残した借金を抱えたまま引っ越しをしてからがえとう窓口さんの貧乏生活の始まりだったようです。

衝撃な貧乏生活

えとう窓口さんが引っ越した先の家は、トタン作りの家で家賃は2万5千円だったそうです。

隙間風がよく入ってきて雨漏りがする平家で、お風呂はなく、拾ってきたバケツを浴槽代わりにして、冬場は隣にストーブを置きながら入っていたとか…

このエピソードを聞いただけでも、貧乏生活が想像できますよね^^;

窓ガラスは風圧で割れないように、斜めにガムテープが貼ってあったそうです。

 

また、食事は毎日ではないものの、小麦粉を水で溶いて焼いた、いわゆる具なしのお好み焼きのようなものを食べていたそうですよ!

当時、えとう窓口さんが通っていた学校では、忘れ物を処分する前にえとう窓口さんに一声かけて確認してから処分するという流れがあったそうです。

貧乏であったえとう窓口さんが本当に必要でないかどうかを判断していたということのようですね!^^;

学校で公認の貧乏ということだったようですね!

えとう窓口の現在も貧乏?

えとう窓口さんは現在はもちろん貧乏ではありません。

2016年6月に放送された『大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON II』では、予算400万円で、千葉にある中古住宅を250万円で購入し、150万円で匠と共にリフォームをしました。

費用を浮かせる為、芸人仲間の力を借りるなどしたそうです。

一般的に考えたらとても安価ですが、昔のえとう窓口さんの貧乏生活に比べたら、支払った家の購入費もリフォーム費用も高額なので、生活もはるかに変わりましたよね!!

2016年のラジオでは、えとう窓口さんは自身の年収を550万円であると明かしていました。

ちなみに同年相方のチャンカワイさんの年収は7400万円…

コンビでの格差がかなりありますが、年収550万円というと世間の一般的な平均年収よりも上なので、全く不自由はないと思いますが、芸能人としては低収入の部類なのでしょうか。

えとう窓口の家族構成を調査!

そんなえとう窓口さんを支えている家族が気になりますよね!

えとう窓口さんには、柴咲コウさん似の美人妻と2人の子供がいます。

えとう窓口の妻について

美人妻は、えとう窓口さんより9歳年下の一般女性で、くみこさんというお名前だそうです。

現在、顔出しはしていませんが、2017年4月2日放送の『新婚さんいらっしゃい』(こちらで画像が見れます)でえとう窓口さんと一緒に出演されていました。

えとう窓口さんご本人も、奥さんを初めて見た時「柴咲コウさんにそっくり!」と一目惚れだったそうです。

 

美人妻との出会いは、『劇的ビフォーアフター』で共演した匠の柴田達志さんに紹介してもらったことがきっかけのようです。

奥さんに初めて会った時、えとう窓口さんは、相方のチャンカワイさんと出会った時と同じような感覚があったと話していました。

その後、5ヶ月の交際を経て結婚に至ったようです(^^)

えとう窓口の子供について

えとう窓口さんには2人の子供がいます。

2018年4月24日に第一子の男の子、2019年8月10日には第二子の男の子が誕生しています。

長男は3歳の福之助くん、次男は2歳の吉平くんです。

2人とも幸せが舞い降りてきそうな素敵なお名前ですよね(^^)

余談ですが、今はキラキラネームというのが流行っているなか、昔からあるような古風な名前をつけることをシワシワネームと言うそうですよ!

えとう窓口さんは子供にはシワシワネームをつけたいと思っていたそうです!

また、えとう窓口さんは美人妻と子供達を養うために、現在住んでいる富津の農家さんの手伝いをする時もあるそうです。

全ては自分で選んだ道。この状況をはね退け、死ぬ気で頑張るしかありません!! 妻と結婚した時に『幸せにする』と誓ったんです!! 子どもが生まれた時に『どんな事があっても守る』と誓ったんです!! 幸せにするべき、そして守るべき家族が増えたのですから、どんな事をしてでも食べさせていかないと!! 自分のために生きてきた人生でしたが、これからは家族のために全ての時間を捧げたいと思います。
引用元:ORICON NEWS

昔ほど貧乏でないにしても、子供2人を養うことは大変なことですよね!

必死なお父さんの姿がとても素敵です!!

まとめ

今回は「えとう窓口の貧乏生活がやばかった!家族構成も徹底調査!」と題して、Wエンジンのえとう窓口さんについて調査しました。

えとう窓口さんは昔貧乏生活を送っていました。

現在は芸人としての収入は少ないものの、昔のような貧乏生活ではないようです。

家族は柴崎コウさん似の美人妻と男の子2人の4人家族で、その家族と千葉から大分にUターン移動し、『劇的ビフォーアフター』で築60年の家をリフォームして暮らすようなので、どんな家になるのか楽しみですね(^^)

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました