松本杏奈の勉強法とは?出身高校の徳島文理高校についてや彼氏のことも! | TWINKLE BLOG

松本杏奈の勉強法とは?出身高校の徳島文理高校についてや彼氏のことも!

エンタメ
スポンサーリンク

徳島の高校からアメリカのスタンフォード大学に進学した、松本杏奈さん。

しかし、さまざまな誹謗中傷によって、松本杏奈さんは自身のTwitterのアカウントを削除してしまいましたね。

世間ではいろいろな意見があるようですが、松本杏奈さんがスタンフォード大学に行ったことはとても素晴らしいことで、どのように勉強したらスタンフォード大学へ行けるのか気になりますよね。

また、松本杏奈さんの出身校である徳島文理高校について、どのような高校なのか、彼氏はいるのかなども詳しくみていきたいと思います。

そこで今回は「松本杏奈の勉強法とは?出身高校の徳島文理高校についてや彼氏のことも!」と題して、松本杏奈さんについて調査したいと思います。

この記事でわかること

・松本杏奈の勉強法

・松本杏奈の出身高校「徳島文理高校」について

・松本杏奈の彼氏について

スポンサーリンク

松本杏奈の勉強法とは?

松本杏奈さんの勉強法とは

・学校の授業中はノートを取らず、先生の話に集中する

・自分の強みを見出す

ということです。

詳しく見ていきましょう!

松本杏奈の勉強法①学校の授業中はノートを取らず、先生の話に集中する

松本杏奈さんの勉強法の1つ目は、学校の授業中はノートを取らずに、先生の話と黒板に集中して脳にインプットさせることです。

学校での授業は昔から、ひたすら先生が黒板に書いたことをノートに書き写すという習慣がありますよね!

もちろんノートに書くことで頭にインプットされやすくなる効果もあるでしょうし、あとから家に帰って復習したい時も、書いたものを読み返すことが出来るので理にかなっているとは思います。

しかし、松本杏奈さんはある日の授業中に、黒板に書いてある内容をノートに書き写すことに意味があるのか疑問に思ったそうです。

そこから、ノートには取らずに、先生が話していることを集中して聞くようにしたとか。

確かに、ノートに書くことに集中してしまうと、内容を理解するというよりも、書くことでいっぱいいっぱいになってしまうことってありましたよね!

この方法自体が全ての方にとって最適な勉強方法とは言い難いかもしれません。

しかし、個人的に思う松本杏奈さんの素晴らしい点は、「自分で疑問に思ったことのやり方を変えて違う方法で実践してみたこと」ではないかと思います。

そうやって、言われたことをそのままやるのではなく、自分で考えて行動することが、将来スタンフォード大学に進学できたことにも繋がっているのではないでしょうか。

松本杏奈の勉強法②自分の強みを見出す

松本杏奈さんの勉強法の2つ目は、自分の強みを見出すことです。

松本杏奈さんはなんと、中学3年生まで英語が苦手だったそうです。

スタンフォード大学へ進学されたくらいなので、もともと英語は得意分野だと思い込んでました(^_^;)

 

苦手だった英語をどのように克服したのかと言うと、先生の助言のおかげだったとか。

「中3のころは、英語が苦手だったのですが、ある日、X Japanの歌で記憶していた、“Brain”という単語が脳という意味だ、と覚えていたことを先生から褒められて、やる気スイッチが入り、最終的に学年上位の成績を収めることができたんです。また、英文和訳より英語のみで意味を理解するほうが得意だったのですが、こちらも先生から“ネイティブ脳”だと褒められたことで、逆に強みだと思うようになりました。自分のよさを引き出してくれた先生には感謝しています」
引用元:東洋経済

1つの単語を覚えていたことを先生に褒められてやる気になったこと、そして自身がネイティブ脳であることに気付いたことで、英語への勉強意欲が高まったということですね!

確かに人間は褒められると一気にやる気がアップしますし、自分の強みがわかれば、よりその強みを伸ばそうと努力するものです。

苦手なものを最初から「苦手だから出来ない」「嫌いだからやらない」と決めつけてしまうとそれ以上には進めないものです。

苦手とわかっていても、その中で自分の強みがわかれば、やり方次第でどんどん克服し、得意分野になることだって可能なのですね!

それに早くから気付いた松本杏奈さんは素晴らしいですし、先生の助言のおかげだとおっしゃっていることから素敵な先生であったことも羨ましい環境だと思います。

▼松本杏奈さんの詳しい勉強法はこちらの書籍からもどうぞ▼


松本杏奈の出身校「徳島文理高校」について

松本杏奈さんの出身校である「徳島文理高校」は、徳島県徳島市にある私立高校で、偏差値68という難関校です。

徳島県内にある84校の高校のうち、3番目に頭の良い学校であることがわかりました。

また、徳島にある私立高校5校のうちでは、1番の学校です。

 

徳島文理高校の卒業生は、東大や京大、早慶上智など有名な大学へ進学されており、著名人も多く卒業しています。

・内藤佐和子 : 政治家(徳島市長)

・井上裕衣: アナウンサー

・住友真世: フリーアナウンサー

・三木亨 : 政治家(参議院議員)

松本杏奈さんがスタンフォード大学へ入学された経緯には、想像もできない程の努力があったと思いますが、これだけ頭の良い高校であったことからも、恐らく元々の地頭が良いのでしょう!

松本杏奈の彼氏とは?

松本杏奈さんに現在彼氏がいるかどうかは不明でしたが、スタンフォード大学入学時には石川将さんという彼氏がいたことがわかっています。

実はこの彼氏である石川将さんもとても頭の良い方で、なんと偏差値79とも言われているあの名門校「灘高」の出身なのです!

 

そして、アメリカにある「ペンシルバニア大学のウォートン校」へ進学しました。

ペンシルバニア大学とは、世界大学ランキングに常に顔を出している優秀校として有名です。

 

また、石川将さんが進学されたウォートン校は、全米最古のビジネス・スクールで金融および会計学などで名声の高く、ビジネスを学ぶには最良の大学です。

カップルで名門校に、しかも日本ではなく世界的に有名な優秀校へ進学するなんてすごすぎますよね!

松本杏奈の彼氏・石川将はどんな人?

松本杏奈さんの彼氏である石川将さんは、東京の出身ですが、2歳から4歳までアメリカ・フィラデルフィアに住んでいました。

その時から英語が話せるのか、小学校5年生の時に英検2級に合格、中学3年生の時に英検1級に合格しています!

また、中学1年生の途中から中学3年生の時までロンドンに住んでいました。

恐らく、海外在住が長いので英語はその時からペラペラなのでしょう!

 

高校生の時には帰国しているので、灘高に進学しますが、なんと首席で合格したそうです!!

カップルで超優秀な2人ですが、お互い大学へ進み、かなり距離もあることから、現在も交際されているかどうかは定かではありません。

まとめ

今回は「松本杏奈の勉強法とは?出身高校の徳島文理高校についてや彼氏のことも!」と題して、松本杏奈さんについて調査しました。

松本杏奈さんの勉強法は2点ありました。

また、出身校である徳島文理高校は偏差値が高い難関校で、徳島では有名な学校です。

現在交際されているかどうかはわかっていませんが、彼氏と言われている石川将さんも大変優秀な方で、灘高出身でペンシルバニア大学のウォートン校へ進学されています。

 

松本杏奈さんは地頭が良いことはわかりましたが、それだけではなく、努力とご自身で見出した勉強法によって見事スタンフォード大学へ進学されました。

人間の力は無限大なのかもしれませんね!

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました