岡田彰布の息子は超エリートで嫁は3か国語話せる才女!家族構成を調査! | TWINKLE BLOG

岡田彰布の息子は超エリートで嫁は3か国語話せる才女!家族構成を調査!

エンタメ
スポンサーリンク

阪神の次期監督に岡田彰布さんが決定しましたね!

岡田彰布さんは阪神のOBで元監督でもあり、野球面でも素晴らしいですが、早稲田大学出身ということで頭脳明晰です。

そんな岡田彰布さんには超エリートな息子がいるとの噂があります。

また、お嫁さんもかなりの才女なのです。

そこで今回は、岡田彰布さんの家族について「岡田彰布の息子は超エリートで嫁は3か国語話せる才女!家族構成を調査!」と題し、調査したいと思います。

「そら、そうよ」で有名な岡田彰布さんの著書、一度読んでみてはいかがですか?


スポンサーリンク

岡田彰布の息子は超エリート

岡田彰布さんの息子は超エリートだと言われています。

その理由とは、出身校が進学校であることに加え、就職先が有名企業の1つである三菱商事だからです。

では、出身校がどこだったか詳しく見ていきましょう!!

岡田彰布の息子の出身校

岡田彰布さんの息子の出身校は以下の通りです。

出身高校:明星高校(偏差値65~71)

出身大学:大阪大学の基礎工学部(偏差値67~71)

まず、出身高校である明星高校は偏差値が65~71の私立の男子校です。

大阪府内にある私立学校の中で7番目に偏差値が高い学校なので、進学校であることに間違いないですね!

明星高校からは、近畿大学や立命館大学、関西大学など有名な大学へ進学する生徒が多くいます。

実際に、岡田彰布さんの息子も大阪大学へ進学しています。

進学した大阪大学 基礎工学部の偏差値は67~71となっており、こちらもエリート校ですよね。

岡田彰布さんの息子は、大阪大学を卒業したあと、大手企業である三菱商事へ入社しました。

三菱商事と言えば、誰しもが一度はその名前を聞いたことがあるくらい有名ですよね。

三菱商事に内定をもらうのはとても難しいことですが、そんな有名企業へ就職したとなるとやっぱり超エリートと言われるのは当然のことですね!!

岡田彰布の嫁は3か国語話せる才女!

岡田彰布さんの息子だけでなく、お嫁さんである一般女性の大関陽子さんも超エリートなのです。

とういうのも、岡田彰布さんのお嫁さんは、英語・フランス語・スペイン語の3か国語を話せる才女で、上智大学外国語学部を卒業されています。

中学・高校は、父親の仕事の関係で住んでいたカナダのモントリオールの学校に通っていて、その後カナダで短大まで進みました。

帰国後、日本で上智大学に入学することになり、卒業後、日本ビクターに就職しました。

日本ビクターは電気メーカーの企業ですが、岡田彰布さんのお嫁さんはそこで得意の語学力を活かし、企画室で外国語資料の翻訳の仕事をしていました。

岡田彰布さんのお嫁さんの学歴をぱっと見ただけでも、息子同様、超エリートな才女であることがわかりますね。

岡田彰布の家族構成は?

岡田彰布さんの家族構成は、お嫁さんと息子3人の5人家族です。

先ほどご紹介した超エリートの息子は長男ですが、次男、三男ともに皆有名大学を卒業しています。

次男は「一橋大学法学部」、三男は「京都大学医学部」です。

その大学名を聞いただけでびっくりですよね(笑)

岡田彰布さんご自身も早稲田大学のご出身なので、お嫁さんも含めて家族全員かなり優秀だということがわかりますね!!

まとめ

今回は「岡田彰布の息子は超エリートで嫁は3か国語話せる才女!家族構成を調査!」と題して、岡田彰布さんの家族について調査しました。

岡田彰布さんの息子は、長男だけでなく、次男、三男全員が有名大学の出身で、長男にいたっては三菱商事に就職されたことから超エリートということがわかりました。

また、息子たちだけでなく、お嫁さんも英語・フランス語・スペイン語の3か国語を話せる才女で、大学卒業後の務め先でも語学を使った仕事をしていたことから相当ペラペラなのでしょう。

家族構成として5人家族ですが、全員優秀でありことがわかりましたね!

そんな家族を持つ岡田彰布さんは、15年ぶりに監督として再登板となります。

期待したいですね(^^)

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました