ドリボ2023チケットの取り方や一般販売は?倍率がすごすぎる! - TWINKLE BLOG

ドリボ2023チケットの取り方や一般販売は?倍率がすごすぎる!

イベント
スポンサーリンク

2023年9月9日(土)から帝国劇場で開催される『DREAM BOYS』の主演に、SnowManの渡辺翔太さんが決定しました。

チャンプ役にはSixTONESの森本慎太郎さんが決定しています。

DREAM BOYS(ドリボ)は大人気の舞台となっていて、倍率がかなりすごいことは想像に難しくないでしょう。

そうなると、チケットの取り方を事前に確認しておきたいですね。

また、FC会員に入っていない場合は一般でのチケット販売についても気になりますよね。

そこで今回は「ドリボ2023チケットの取り方や一般販売は?倍率がすごすぎる!」と題して、ドリボ2023チケットについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

ドリボ2023チケットの取り方

ドリボ2023のチケットの取り方は、主に

①SnowMan・SixTONES・ジャニーズJr情報局のFC

②カード枠

③一般

の3つとなります。

カード枠についてはこちらをご覧ください。

一般チケットについては後述しています。

ここでは、FC会員でのチケットの販売期間を見ていきましょう!

ドリボ2023チケット販売期間

ドリボ2023のFC先行抽選チケットの販売期間は、

2023年6月12日(月)~6月19日(月)12:00まで

となっています。

当落発表は、

2023年7月10日(月)

です!!

最終受付日から当落発表まで結構時間がかかるので、結果が気になりますね…

ドリボ2023チケット申込方法

ドリボ2023のチケットは、SnowMan・SixTONES・ジャニーズJr情報局のFC会員が申し込めますが、申込方法が複雑なのでよく確認してから申し込むようにしてください。

ドリボ2023チケットの申込条件は、

「初日・千秋楽」と「それ以外の公演」で変わってきます。

それぞれ見ていきましょう!

【初日・千秋楽】

●全会員…
どちらか1公演のみ、2枚まで申込可能

●1グループのFC名義のみで申込…
1回の申込のみ、第1希望~第2希望まで選択可能

●2グループのFC名義で申込…
最大2回申込可能、各FCで初日or千秋楽どちらか1つずつを第1希望のみ選択可能

●3グループのFC名義で申込…
最大2回申込可能、2グループの中から初日or千秋楽どちらか1つずつを第1希望のみ選択可能

【それ以外の公演】

●全会員…
1公演のみ(初日・千秋楽以外)、2枚まで申込可能

1グループのFC名義のみで申込…
1回の申込のみ、第1希望~第3希望まで選択可能

2グループのFC名義で申込…
最大2回申込可能、各FCで1回ずつ申込可能

3グループのFC名義で申込…
最大3回申込可能、各FCで1回ずつ申込可能

FC名義初日・千秋楽それ以外の公演最大申込回数
1グループ1回1回2回
2グループ2回2回4回
3グループ2回3回5回

ドリボ2023一般チケット

ドリボ2023の一般チケットの販売期間は、

2023年8月5日(土)10:00~

となっています。

しかし、一般チケットはFC先行抽選チケットとは異なり、先着順となりますので、チケットの販売予定枚数に達し次第、販売終了となります。

さらに、一般チケットの販売はあるものの、ほとんどがFC会員での先行抽選チケットで埋まってしまうため、一般チケットの枚数はわずかとなり、一般でチケットが取れるのはかなりの強運の持ち主だけだと思っていた方がいいでしょう!

ドリボ2023一般チケットの取り扱いプレイガイド

ドリボ2023一般チケットの取り扱いプレイガイドは以下の通りです。

・チケットぴあ
・ローソンチケット
・CNプレイガイド
・イープラス

ドリボ2023チケットの倍率がすごすぎる!

ドリボ2023のチケットの倍率は、

約14.47倍

であると予想しました。

倍率の算出方法は、

応募者数÷会場キャパシティ

で求めていきます。

応募者数は、各FC会員数を基に考えていき、会場キャパシティは帝国劇場のキャパシティから算出しています。

ドリボ2023応募者数

ドリボ2023の応募者数を算出するにあたって、各FC会員数を見ていきましょう。

グループ会員数
SnowMan1,160,000
SixTONES710,000
ジャニーズJr情報局1,700.000
合計3,570,000

全グループの会員数を合計すると、3,570,000人となり、そのうち2割が申し込むと仮定すると、応募者数は714,000人となります。

3,570,000×0.2=714,000人

ドリボ2023会場キャパシティ

ドリボ2023の会場である帝国劇場のキャパシティは、1,897人です。

公演数は全部で26公演なので、ドリボ2023のキャパシティは、

1,897人×26公演=49,322人

となります。

ドリボ2023当選倍率

上記の情報を基に、当選倍率の算出方法に当てはめていくと、

714,000÷49,322=14.47倍

となります。

ただし、これはあくまで単純に計算したものなので、大幅に倍率が変わる可能性があります。

参考程度に考えてください。

ここまで倍率が高いとFC先行抽選では落選する方も多く出てくると思いますが、そんな時のためにカード枠での抽選販売に期待したいですね!

カード枠の情報が出てからクレジットカードを作るのでは遅すぎるので、カード枠を狙うのであれば今から作成しておきましょう!

\ 今からクレジットカードを作るなら、エポスカードがおすすめ! /

まとめ

今回は「ドリボ2023チケットの取り方や一般販売は?倍率がすごすぎる!」と題して、ドリボ2023チケットについて調査したいと思います。

ドリボ2023のチケットの取り方は、「FC先行抽選」「カード枠」「一般」の3つになります。

一般チケットの販売期間は、2023年8月5日(土)10:00からとなりますが、ほとんど取れないものだとお考えください。

FCの先行抽選のみの倍率を計算すると、約14.47倍であると予想しました。

かなりすごい倍率ですね…

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG
タイトルとURLをコピーしました