川崎春花の父の職業はプルデンシャル生命の会社員!年収は2000万以上? | TWINKLE BLOG

川崎春花の父の職業はプルデンシャル生命の会社員!年収は2000万以上?

イベント
スポンサーリンク

2022年にプロデビューをした女子ゴルファーの川崎春花さんですが、ゴルフの技術力が優れていると話題になっていますね!

また、ゴルファーとしてだけではなく、ビジュアルも可愛いということで、今後ますます人気になりそうな予感です。

そんな川崎春花さんを育てた父親は同じゴルファーなのかと思いきや、プルデンシャル生命保険の会社員なのだとか。

そこで今回は「川崎春花の父の職業はプルデンシャル生命の会社員!年収は2000万以上?」と題して、川崎春花さんの父親について調査したいと思います。

スポンサーリンク

川崎春花の父の職業はプルデンシャル生命の会社員!

川崎春花さんの父親の職業は、生命保険会社の中でも有名な「プルデンシャル生命保険」の会社員です。

大学卒業後はリクルートに入社し、その後転職し、1996年にプルデンシャル生命保険会社に入社してトップ営業マンとして評価されてきました。

現在もプルデンシャルに勤務していますが、恐らく役職は部長だと思われます。

なぜなら、当時はかなりのやり手プランナーだったことから、現在は結構上の立場であることは間違いないですし、ビジネス特化型SNSの「Linked in」では部長として登録されているからです。

では、川崎春花さんの父親は今までどのくらいすごかったのか、その実績を見ていきましょう!

川崎春花の父の実績

川崎春花さんの父親は、生命保険会社のトップセールスマンだけに入会資格がある組織MDRTの会員で、さらにその中でもトップの実績でした。

MDRT基準の3倍の実績が必要なステータスであるMDRTコートオブザテーブル(COT)を10年連続達成中。優秀な人でも1人数百件と言われる保有契約件数だが、実に1260件(2007年5月14日現在)という驚異的な数字を樹立。2007年MDRTトップオブザテーブル (TOT)会員。
引用元:Newair

上記の紹介にあるように、川崎春花さんの父親はMDRTのTOTで、TOTとは、トップ・オブ・ザ・テーブルの略のことです。

TOTとは、MDRTの中でもベスト中のベストの集団のことです。

卓越した顧客サービスと非常に高い倫理基準を維持し、専門的な知識を持つ者の証で、入会にはMDRTの入会基準の6倍という最難関の基準を要します。

そんな優秀な成績を持つ川崎春花さんの父親は、Newair(ニューエアー)では、トップ営業マン養成スクール第3期の4回目講師として紹介されています。

ビジネス雑誌の「プレジデント」でも取り上げられたことがあるほどの実績の持ち主なのです。

川崎春花の父親の年収は2000万以上?

川崎春花さんの父親の年収は、2000万円以上あると推測しました。

なぜかと言うと、生命保険会社会社のなかでもプルデンシャル生命はずば抜けて営業職の平均年収が高く、2021年1月時点で平均年収1202万円というデータもあります。

そのプルデンシャル生命の部長クラスともなれば、2000万円は超えているのではないでしょうか。

また、プルデンシャル生命では、福利厚生も厚く、例えば100万円の出産支援や保育園費用最大15万円支給といった女性には嬉しい面もあります。

そんな手厚い会社の部長で、トップセールスマンの養成講師をしていた川崎春花さんの父親は、もっと稼いでいる可能性が高そうですね!!

まとめ

今回は「川崎春花の父の職業はプルデンシャル生命の会社員!年収は2000万以上?」と題して、川崎春花さんの父親について調査しました。

川崎春花さんの父親は現在もプルデンシャル生命で働いていて、部長ではないかと推測しました。

年収は恐らく2000万円以上は稼いでいると思われます。

やり手の父親に育てられた川崎春花さんも、プロゴルファーとして今後さらなる活躍をするのではないでしょうか。

楽しみですね!!

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
Natsumiをフォローする
TWINKLE BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました